テレクラとは何?

インタ-ネット回線を用い、WEBカメラやマイクを利用してチャットする行為をテレクラと称しており、 男性利用者がテレクラサイト内にてタイプの女性を選択し、テレクラガ-ルとのお喋りを楽しんだり、 エッチな行為を画面で見て楽しむ事を目的としているのです。

従来のチャットのコミュニケ-ション手段は文字(テキスト入力)ですが、テレクラは上記の通り、WEBカメラやマイクを用いる事で、 実際の生の声の会話やリアルタイムの映像の配信が可能となっているのです。 双方の顔を確かめながら話せるという環境は、テレビ電話に共通するモノだと言えるでしょう。

そんなテレクラを実際に行うに際しては、準備すべきモノが当然あって、まずはパソコンなのは言うまでも無い事です。 インタ-ネットを利用するにはパソコンが絶対に必要ですが、準備する機種に関しては極端に旧式モデルでさえなければ、特に問題は無いでしょう。 ここ2~3年前の機種であればテレクラには十分対応出来ますので、中古でもその時期のモノを調達すれば大丈夫です。 ちなみに今日の家電量販店であれば、10万円も出せば最新機種を調達出来ます。

そしてインタ-ネット環境の整備も必要で、単にパソコンが手元にあるだけではテレクラを利用出来ないのも当然です。 そしてより鮮明な画像を快適に送受信する為にも、早い速度の回線を選択利用するのが大切です。 ちなみに1番のお薦めは光回線で、あるいはADSLでも対応可能ですが、金額的に大差ありませんから光回線が使える環境を整えましょう。

そしてテレクラは映像を配信しながらお喋りやチャットを楽しむスタイルですから、WEBカメラが手元にあればベタ-です。 これは男性利用者側は絶対に準備せねばならない義務はありませんが、一方が文字(テキスト)でのコミュニケ-ションになってしまうと、 旧来のチャットや電話と変わりなくなってしまいますので、ここはWEBカメラも準備しておきましょう。 双方が顔を確認しながら会話する事も、警戒心を解いて親近感を覚えるのに有効なのです。

テレクラに於ける演出について

テレクラを実際に楽しむ際、こちらの部屋の中が乱雑で汚れていては、相手に悪印象しか届ける事が出来ないので要注意です。 清潔に掃除されていて、綺麗な室内が画面越しに伝わった方が良いイメ-ジなのは当然であり、 だからこそぱフォ-マ-は常に整理整頓を心掛け、相手に清潔感を届ける義務を負っていると言えるのです。

パフォ-マ-として最低な行為は、チャットの相手に対して暗く汚い印象を届けてしまう事であり、室内の清掃整頓だけではなく、 証明を駆使して自分自身を少しでも明るく清潔に演出する事が重要であり、これで相手が抱くイメ-ジが大きく違って来るのです。

そして訪問してくれた客に対しては、チャット終了後には必ずメ-ルする事を心掛ける事も大切です。 この小さな心遣いがリピ-タ-を生む事となるのです。 メ-ルは転送設定にしておき、メッセンジャ-に転送出来る配慮をしたり、自身の携帯に届くように設定しておく事で、効率面もアップ出来ます。 時にお客が覗いている状況下で質問を届けて来る事もありますが、これらはメ-ルでのやりとりとなりますので、 リアルタイムでメ-ルを受信している事を確認する意味でも、転送設定は重要だと言えるのです。 実際に多くのんテレクラは転送設定機能を搭載していますから、メ-ル受信を即通知してもらえるメ-ルソフトへの転送設定を行い、 自らが迅速に対応出来る状況を整えておきましょう。

またテレクラに際しては、自身を真正面から撮影する事を徹底しましょう。 テレクラは双方が顔を確認しながらお喋りを楽しむサ-ビスですから、自身の顔が横顔になってしまったり、遠くからの撮影だったりすると、 相手は不快に感じてしまうリスクを伴ってしまいます。 斜めからのカットに自信がある、という場合もあるでしょうあ、相手をより楽しませる事が最優先ですから、カメラの角度は真正面からにしておくのが賢明です。

テレクラの始め方について

テレクラを実際に始めるのであれば、最初にアナタ自身がテレクラをどんな風に楽しみたいのか、しっかり目的を自己確認しておきましょう。 仮にチャットレディと友達や恋人感覚のお喋りを楽しみたいのであれば、ノンアダルトテレクラの選択が適しています。 あるいは会話やチャットのみならず、エッチな事を楽しみたいのであれば、アダルトテレクラを選択利用する事で希望を満たせるでしょう。 具体的には女性の裸が見たい、エッチな仕草を閲覧したいのであれば、アダルトテレクラがピッタリなのです。

これらテレクラの利用は全て料金負担が必要となり、ノンアダルト系なら1分間あたり100円程度、アダルトなら1分間あたり200円程度が相場です。 ですがあくまで相場のお話で、DMMテレクラであればノンアダルト・アダルトに関係無く1分間100円設定となっています。

こうしてアナタの利用目的に基づき、ノンアダルトあるいはアダルト、どちらを利用するかを決めたなら、 次は数あるサイトの中から、どのテレクラサイトを利用するかを選択しなければなりません。 この段階に際し、大半のサイトでは「お試し価格」あるいは「無料体験コ-ス」を設定しています。 お試し価格であれば100円で10分間程度楽しむ事が可能ですし、無料体験も5~7分程度利用可能となっています。 ですがこれら特典を利用するには、一定の条件を利用者側が満たしていなければなりません。

そして利用するテレクラを決めて登録を終えたなら、次の段階はテレクラレディを選ぶ作業が待っています。 アナタの好みのタイプの相手を選べば問題なく、年齢も年上から年下、巨乳からスレンダ-タイプまで幅広く揃っていますから、 相手選びに困る事は普通ありません。 更にテレクラには待機画面が配信されていて、テレクラ開始前の女性の様子を無料で確認出来ますので、 これも参考にすると良いでしょう。 時折こちらに向けて手を振ってくれたり、エッチなポ-ズを見せてくれる女性もいますから、これだけでも結構楽しめます。

こうして無料で楽しめる部分もありますが、大半は優良ですから費用負担は覚悟しておきましょう。 ちなみに決済方法はクレジットカ-ドが主ですが、コンビニ支払いや銀行振り込みも対応可能なサイトが大半となり、選択可能となっていますので、 クレジットカ-ドを持たない利用者でも安心して楽しむ事が出来るのです。

テレクラの料金体系について

ノンアダルトテレクラに関しては、基本1分あたり100円前後が相場とされており、これに基づき10分間利用すれば、利用料金は1000円となります。 ノンアダルトテレクラではお喋りを楽しむ事がメインの目的ですから、それほど長時間話し続ける事も無いかと思いますが、 この「10分で1000円」を高いと感じるかお得なのか・・・それは利用者各自の基準次第だと言えるでしょう。

対してアダルトテレクラですが、こちらはノンアダルトの2倍程度と割高で、1分あたり200円程度となるのが相場です。 すなわち10分で2000円となり、こちらが高額なのか否なのか・・・非常に難しいところでしょう。

仮にキャバクラで1時間遊び、請求金額が1~2万円だったと仮定します。 アダルトテレクラで1時間遊べば12000円です。 数字だけで言えば、アダルトテレクラの方が幾分安価となりますが、キャバクラと違って実際に「お触り」する事は出来ず、 目の前の女性もあくまで画面の中=2次元の姿でしかないのも事実です。 ですが女の子の質に関しては、テレクラレディの方が総じてキャバクラ嬢より上なのです。 こうして検証して行くと・・・やはり悩んでしまうところでしょう。

次にテレクラで女の子と遊びお喋りする魅力に関してですが、等ウイブチャットとキャバクラの尤も違う点として、 テレクラでは画面を通じて女性が脱衣行為を見せてくれたり、エッチな肢体仕草を演じてくれる点にあると言えるのです。 キャバクラ嬢はそのような事はしませんが、テレクラは自ら服を脱ぎ、更にはこちらからの指示に従い、更にエッチな行動も見せてくれるのです。 男性利用者の意志と指示で裸体にさせて、女性自身が胸を揉んでもだえる姿を観賞したり、オナニ-する姿を見せてもらったり・・・ 相手にそんな事をさせる事が出来る訳ですから、利用者の男性はまさに「ご主人さま気分」を堪能出来るのです。

そしてヘルスと比較してみても、ヘルスでは相場として50分で18000円要しますから、やはりテレクラの方に軍配が上がるのです。

更にテレクラの魅力として、短時間だけの利用も可能という事も見逃せません。 極端な話、テレクラでは5分間だけ楽しむ事が可能ですが、キャバクラやヘルスでは其れは不可能です。 テレクラであれば、こちらがオナニ-して果てるまでの時間だけ、女の子とエッチな会話と姿を共有出来るのです。 「3分間だけでも1時間以上でも、利用者が自由に楽しめる」という点が、テレクラならではの大きな特徴魅力なのです。

そして利用中にポイントが尽きてしまった場合、その時点で自動的に退出となりますから、無意識にお金を浪費するリスクもありません。 これも利用者からすれば安心出来る大きなポイントなのです。

無料体験を重ねたいのであれば

概してプロバイダのメ-ルアドレスは変更が困難だったり、1人1つしかアドレスの取得が出来ないのが普通なので、 テレクラサイト側には自身のアドレスを知らせたく無いと感じるのも理解出来ます。 可能えあればフリ-メ-ルアドレスを用いての利用を希望する人が多い事も十分推察されます。

ですがフリ-メ-ルアドレスを用いての無料体験が可能となってしまうと、テレクラの運営は大変の事になってしまいます。 無料体験は1人1回限りと利用規約上で規定していたとしても、複数のフリ-メ-ルアドレスを利用されてしまうと、 極端な話、延々無料利用されてしまうからなのです。 テレクラ運営者はチャットレディに報酬を払う義務がある仲、料金を支払わない利用者ばかりが殺到してしまえば、瞬時に倒産必至なのです。

ちなみにテレクラガ-ルの報酬金額は、男性会員がテレクラで消費するポイントの1/2というのが相場です。 仮に1分間で100円を要する料金設定であれば、男性が20分間テレクラを利用すれば、テレクラガ-ルに支払われる金額は 「100円×20分間÷2=1000円」の計算となります。

そしてアダルトテレクラで1分間200円設定であれば、テレクラガ-ルが5分間で5人を相手にテレクラを行えば 「200円×5分×5人÷2=2500円」となるのです。

1人にこれだけの報酬を支払わねばならないところ、この5人が全員無料体験者であれば、運営者は2500円の赤字となり、 これを続けていれば経営破たんを避ける事は出来ないのです。

こうした事情もあり、テレクラ無料体験にはプロバイダのメ-ルアドレスが必要な設定となっているのです。 理由は上記の通り、1人が複数のプロバイダのメ-ルアドレス取得が困難である事を利用し(稀に例外もありますが)、 利用者が無料体験目的で面倒な手順を踏んでも仕方無い環境を整え、結果サイト運営を健全安全化しているのです。

どうしても無料体験を重ねたいのであれば、色々なテレクラへ新規登録すればそれは叶うので、利用者はそちらを選択すれば良いかと思います。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ